Calendar
2010.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Mental Counselor

Author:Mental Counselor
"より良く"なるために。
読んでくれた人が少しでも癒され、前向きになれるような、そんなブログにしていきたいです。

私が悩んだとき、壁にぶつかったとき、落ち込んだとき、色々な言葉が私に前向きになる力をくれました。
一言でも、このブログの言葉が皆様の力になれれば嬉しいです。


ブログランキング参加しています。
来たよ♪のサインにクリックお願いします*



人気ブログランキングへ

ブログ-(ブログランキング)






カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Mental Detox

自分の人生を思い通りに-コーチングコーチ&心理カウンセラーのブログ

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.30 Thu 16:24

感情が人の運命を大きく左右していることに気づきなさい。
感情のコントロールができる人が人間関係の勝利者です。
                 ジョセフ・マーフィー(思想家)


自分がどうしてそういう感情になったのか、冷静になって考えてみましょう。
些細な原因でも感情の持ち方次第で、それが増幅してしまうこともありますよね。


どういう状況で、感情がコントロールできますか?

逆に

どういう状況で、感情がコントロールできませんか?

まずはそれを知るだけでも、大きな一歩ですね。


スポンサーサイト
2010.09.29 Wed 14:11
調子がでない。

やる気がおきない。

気分が乗らない。


これらは、自分の「リズム」が少しずれているサイン。

このサインを見逃すと、プチうつになってしまう可能性もありますね。


そういうときは、サインを大切に☆

思いっきり自分を甘やかす。

好きなDVDをみたり、ひたすらゲームをしたり、

漫画を読んだり、本を読んだり。


それでも、何日かそういう気分が続くようであれば、できることだけやる。


たとえば、

・人と会う元気はないけど、メールくらいしようかな。

・掃除機をかける元気はないけど、テーブルの上を拭くくらいはしようかな。

・営業にでかける元気はないけど、最低限日報は書こうかな。

・外に出る勇気はないけど、ベランダには出てみようかな。


こういう、”ちょっとしたこと”を重ねると、心もエネルギーチャージをされていくでしょうね


2010.09.28 Tue 16:28
ストレス解消法に、自分の好きなことをいくつかリストアップしておくといいですね!

という話を以前したかと思いますが、この際のポイント。


それはストレス解消は、基本的に「出す」ものがいいと思います。

自分の内にある怒り、悩み、モヤモヤを外に放出したいのですから、

ストレス解消の行動自体も「放出型」

例えば

・カラオケ

・友達と話す

・スポーツやお風呂で汗をかく

は典型的でよい例。

逆に

・深酒をする

・とことん食べる

・買い物をする

などは「内に溜め込む行為」です。

買い物は一見放出のように見えますが、ストレス解消時の買い物は、

無駄なものまで買ってしまう可能性大ですよね。


飲食も、次の日「食べ過ぎた~」「飲みすぎた~」

と後悔がつきもの。

結局、その場しのぎの行為で、ストレス自体が発散されていないかもしれません。

なのでアルコール依存症、過食・拒食症・買い物依存症など、依存傾向のあるものは、

ストレス発散時ではなく、楽しみたいときにするといいですね。



2010.09.27 Mon 10:10
対人関係に苦手意識を持っている人はかなり多くの割合で

コミュニケーションが苦手で・・・
とか
うまく人と話せなくて・・・

と思っています。

では、逆にうまく話せる人に

「どうしたら人とうまく話せるの?」

と聞いたとしても

「うまく話そうなんて考えて話してないからな~」
「思ったことはなしているだけだよ」

って返ってくると思います。

違いは何なのでしょうか?

コミュニケーションが上手な人、話がうまい人は本当に「うまく話そう」と
“意識”していません。潜在意識で「この人と仲良くなりたいな」「一緒に楽しく過ごしたいな」

と考えているのです。


逆にコミュニケーションが苦手な人は、
「自分がうまく話そう」ということを目標としてしまっている

相手の存在を潜在意識において無視してしまっているのです。

だから、コミュニケーションが下手な人も独り言ならよどみなく出てくる人が多い。


だから、うまく話せない。人とうまくコミュニケーションがとれない。

と思っている人は、今一度立ち止まって、「“自分が”うまく話そう」

ということを目標にして相手の存在を忘れてしまっていないか考えてみてはいかがでしょうか・・・



2010.09.26 Sun 17:33
「自分らしく生きよう」

って言われますが、

自分らしさって何???

って思ったりしませんか?


何が自分らしいのかわからない!って思う人が大半なのでは・・と思います。



そんなときは、まず ”自分が何をしているときに充実感を感じるか”です。

今までを振り返ってみたとき、何をしているときが一番”イキイキしていたな~”と思うでしょうか?

もしくは、”こんなふうになりたいイメージ”はありますか?

例えば

・人前でプレゼンをして注目を集めているとき
・忙しくガンガン仕事をしているとき
・美術館めぐりをして”本当にいいもの”を見ているとき
・集中して何かを作っているとき
・大自然の中で深呼吸をしているとき
・家族に囲まれて団欒しているとき

などなど。

自分にあったことをしているときは「自分のリズムで自分らしく」いられているときなのです。


それが見えてきたら、今度は「自分らしくいられる環境を作る」ことを自分の人生の目標にしてみるのはいかがでしょう?

活気に満ちた都会か、時間の流れのゆっくりな田舎町か、多種多様な人種のいる諸外国か。

どんな人たちに囲まれて、どんな関係を作って、何をしていきたいのか?

それこそがコーチングで言うところの、究極のゴールセッティングですね。

考えるだけでワクワクしてきませんか・・





2010.09.25 Sat 23:01

カウンセラー開業塾の第三回講座に行ってまいりました。
今回の講師は鈴木雅幸さん。
http://www.counselinglife.com/


スクールカウンセラー、職場の人間関係、仕事、恋愛など、さまざまな分やにおいて幅広く心理カウンセラーとして活躍されている方です。
今回のセミナーで鈴木さんはカウンセラー開業の3つの柱として以下のものを挙げています。

1) 優れた専門家となること=臨床の力、傾聴力、問題解決能力等
2) 優れた起業家=マーケティング能力
3) モチベーションの維持

これらの3つはカウンセラーでなくても、どの業種・職種にも共通する3つの柱ですね。

1) の優れた専門家という部分に関しては、それぞれの分野を深めることが大切ですが、
2) の優れた起業家。これに関しては、実に幅広いですね。
古典的な人脈術に関しては、コミュニケーションや人間力によって、名刺や飛び込みも含めて自分を知ってもらう。
そして避けて通れないのは、ネットマーケティング。HP,ケイタイサイト、ブログ、める、間が、ツイッター、FaceBook、SEO、PPC… などなどがあり、それぞれの攻略本も何冊も出ています。
タイトルに凝った法がいい、自分でできるところはやったほうがいい、小額のお金を払ってできるところはプロに任せたほうがいい・・・などなどなど。

何を信じてどうしたらいいの???

と頭がいっぱいになり、マーケティングのコンサルのHPに飛んで、そこからマーケティングを学ぶようになり・・・
と、どんどん本業から離れていきそうになります。

今は情報量をいくらでも取れる時代。
でもだからこそ、自分で取捨選択しないと、いくら時間があっても迷路に迷いこんでしまいますよね。でも、専門分野じゃないと、情報の取捨選択ができない。まるでメビウスの輪です。

でもふと立ち止まって、自分のやりたかったことはなんだったのか?を考えると、こんなところでメビウスの輪にはまっている場合じゃありませんよね。

これは、人生においても同じことが言えるな、と感じました。
「自分軸」がしっかりしていないと、外からの情報や環境に流され、振り回され、何をどうしたらいいのかわからなくなってしまう。
逆に「自分軸」があれば、振り回されることなく、自分の欲しい情報や周囲の環境を自分の糧として取り込める。

今回のセミナーによって、「自分軸」の強化を図ろう、と思い知らされました。



2010.09.25 Sat 20:23
よく心理学で聞く「エゴグラム」。

人には5つの自我があって、その強弱で人パーソナリティが決まってくるものと考えられています。

5つの自我とは以下もの。

CP=命令する親・・・自分にも他人にも厳しく「なぜできないんだ!」など批判が多い。威厳はあるが、反発もされる。

NP=世話をする親・・・相手に対して同情する、世話をする。感謝されることが多いが、度を過ぎると甘えを際限なく許してしまう関係になる、

A=大人・・・社会経験を積み重ねながらできる人格。ビジネス上の交渉ごとや、近所づきあいの社交辞令ができるのもこの人格。他の4つの人格をコントロールする役目も担う重要な役割。過剰になりすぎると、「何もしない評論家」タイプとなる。

FC=無邪気な子供・・・周囲を気にせず心から楽しんでいる状況。無邪気な心

AC=命令に従う子供・・・周囲の期待に答えようと努力したり、顔色を伺って行動したりする。

例えば、上司に怒られたとき、
「やだな~。早くお説教終わらないかな」、と思うのは”無邪気な子供”
「どうしよう、自分がいけなかったんだ・・・」と思うのは”従う子供”
「この上司は感情的になって何が言いたいのか伝わりづらいな。自分だったらこう指導するのに」と分析するのは”大人”

ここで気をつけるポイントは2つ。

1)”命令に従う子供”と”命令する親”を登場させてばかりだと、自分が苦しくなってしまうこと。
無邪気な自分が押さえつけられ、自分がどうしたいのかわからなくなってしまいます。

2)”大人”の部分の意見に耳を傾けること。
今はどういう対応をしたらベストなのか?を冷静に考えて見ます。
またいつも状況を客観的にみるクセをつけると、知らず知らずのうちに相手のペースに巻き込まれることもなくなります。
今は毅然として撥ね付けるべきなのか?
気持ちを寄り添わせて考えるべきなのか?
それを客観的に考えられるのは”大人”の部分です。

人それぞれ、5つの人格の強弱はあります。

でも、皆必ず5つの人格が備わっているのも事実。

相手に合わせて人間関係をコントロールできるとラクですね。

自分のエゴグラムを知りたい人は↓まで
mentaldetox8@gmail.com

2010.09.24 Fri 14:41
苦手なタイプの人っていますよね?
でもこれって、自分で勝手に苦手なタイプを増殖さえていっている可能性大!なのです。


例えば、昔眼鏡をかけた四角い顔の高圧的なしゃべり方をする人にやな思いさせられたとする。

そうすると、眼鏡をかけた四角い顔の高圧的なしゃべり方をする別の人に会うと、「こういう人苦手だ~」
って本能的に感じてしまいますよね?

それは、貴方が頭がいいから、過去をしっかりインプットして、防衛本能が働くのです。

でも、すると相手にも「苦手です」という気持ちが伝わり、うまくコミュニケーションがとれなくなります。
そして、この第二の眼鏡+四角顔によって「苦手な人カテゴリー」が増強されます。


ところで赤ちゃんを見ていると、転んでも滑っても、何度も何度も立ち上がって歩こうとしますようね?

もし大人が同じことを繰り返したら、「こんな痛いことはもうやめよう!」
って諦めるでしょう。

でも赤ちゃんは諦めない。
なぜならまだ過去を記憶して防衛本能を働かせるほど脳が発達していないからです。


でも私たちはもう赤ちゃんの脳には戻れません。
だから訓練によって、本能的に「苦手カテゴリー」を増強していくことをやめてましょう。

そうしたら、苦手な人が少し減るかもしれませんね・・


2010.09.22 Wed 23:00
コミュニケーションにおいて、心の耳で”聴く”ことが大切」
と言われています。

コーチングやカウンセリングのコミュニケーションスキルでも必ず言われること。

でも果たして聞き上手が 良いコーチ、良いカウンセラーなのでしょうか?

いいえ、違います。

ではどうすれば、良いのでしょうか?

それは・・・

聴き上手ではなく、 「聴き出し上手になること!」なのです。

親子間でも同じですね。

子供の言う事をたくさん「聴き出す」

最高の親子間コミュニケーションですね


2010.09.22 Wed 14:32
プレッシャーに弱い・・・プレッシャーで押しつぶされそう・・・


など良く聞きますが、ではプレッシャーに弱い人と強い人はどこが違うのでしょう?


プレッシャーとは、Press (圧力をかけて押す)が語源で、そもそも後押ししてくれるものなのです。
そしてプレッシャーを感じると、緊張感が高まって心拍数が上がります。



プレッシャーに強い人は、

ここ!というときに”プレッシャーの後押しによって”力を最大限発揮できます。

スポーツ選手や、プレゼンが上手な人は、このプレッシャーのを最大限活用している人々です。


一方プレッシャーに弱い人は、

「心拍数が上がってきた、緊張してきた、失敗したらどうしよう・・」

など、緊張感が高まるとマイナス思考を始めます。

そして、その結果、普段はできることでも失敗してしまうのです。



プレッシャーに強い人、弱い人は、同じ能力でもここで大きく差がついてしまうのですね。


自分がプレッシャーに弱いと思っている人は、

プレッシャーを感じる場面に遭遇したら、

あ、自分の後押しをしてくれる力強い味方が現れた!
思う存分楽しもう! 失敗してもいいや!

というマインドを持ってみてください。

そうすればプレッシャーを上手に利用して、「ここ一番」で力を発揮できますよ・・・

2010.09.21 Tue 14:27
他人を自分に同調させようなどと望むのは、そもそも馬鹿げた話だよ。
                        ゲーテ(詩人)



同じ考え方ではない人に対してストレスを持つのではなく、
違った考え方があるから面白い。
むしろ、違った中でうまく主張していける術を身に付けたいですね・・・

2010.09.20 Mon 12:35
「願えば叶う」は本当でしょうか?

強く願って叶えば、誰も悩んでいませんよね。

こんなにカウンセリングやコーチングの需要が増えることもない。



そう、願えば叶うは、大きな罠がありました。


ところで、人間には意識潜在意識があります。

意識において、「こうなりたい!!」と願っていても潜在意識(無意識)でそう思えなければ逆効果です。

例えば、このプレゼンを成功させて周囲にいい印象を与えたい、与えるぞ!!そうすれば昇進だ!!

と思ったとします。
強い意識です。

でも、実際のプレゼンの場になると、緊張感が生まれる。
そして、成功させるぞ!!!という気持ちが

「成功しなかったらどうしよう」
「鼓動が早くなってきたからあがっているんだ」
「あがるとうまく話せない」
「うまく話せないと、失敗して周りからのウケが悪くなる」
「うまくいかないとまた昇進が遠のくからやだ」

などなど、強い意識から無数の逆の潜在意識が働くんです。

意識より潜在意識のほうが力が強い。

なのでこれでは、強く願っても叶わないどころか、逆効果です。


だから・・・


まず、

1)「こうなりたい、こうしたい」をはっきりさせて意識する。

2)そして、その意識を五感をフルに使って、潜在意識に植えつける。

本当に願ったことであれば、ここで意識=潜在意識が結びつきます。

3)それからは、こうなりたいをブレークダウンして目標化します。

例えば、先の
プレゼンで成功させていい印象を与えるぞ!!そうすれば昇進だ!!

に関しては、結局「プレゼンを満足のいく形で終わらせる」ことが目標ですよね。

周りのウケや昇進は、その結果としてついてくるもの。

では、プレゼンをうまくいかせるためにはどうしたらいいのか?

1)プレゼンの話し方の練習を繰り返す。
2)データを最大限集めておく
3)Q&Aを用意しておく
などなど、やるべきことがリストアップされてきます。

そして、実際のプレゼンの場では、プレゼンを成功させて昇進!!」を意識してはいけないのです。
ゆっくり話そう、はっきり話そう、など、自分で目標セッティングしたことを
実行するだけなのです。

すでに意識=無意識として一致させているので、これだけでOK。

実際に、五感を使って潜在意識に植えつける方法やプレゼンでプレッシャーからあがってしまう・・・などの克服法はまた次回・・・



2010.09.19 Sun 09:40
人間に「強い、弱い」の区別はありません。

弱い人間がいるとしたら、自分を「弱いんだ」と決めつけているから。
「打たれ弱い人」を演じていることで、どれだけ損をしているか・・・。


逆に「弱み」がない人間などいません。

「強い人」は自分の弱さをきちんと認識して受け入れている人なのです。

2010.09.18 Sat 22:24
先日開業塾の第2回講義に行ってまいりました。

今回の講師は、女性のメンタルを専門に行っていている藤井雅子さんが講師でした。
藤井さんはエステ感覚のカウンセリング、ということをコンセプトに、「メンタルエステ ココロの部屋」の代表をされています。

今回のビジネスモデルは、前回の岡島さんのケースとは全く異なり、また別のモデルケースとして興味深いものでした。

そしてその藤井さんのテーマは、極力お金や苦労をかけず「自分をどうやって知ってもらうか」というものでした。

概要としては、身近なことから始める。例えば発信する、人に会う、勉強する・・・など小さいことを大切に積み重ねていくことでした。そして何より徹底されていたことは、「常に準備をしていた」こと。準備ができているからこそ、チャンスがくればそれを生かすことができたのです。


以前読んだ本の中に、小さな勝ちパターンを積み重ねる、という言葉がありました。
「勝ちパターン」とは別に勝負に勝つことではありません。

たとえば、お給料が少ないうちでも、ある中で少しでも貯金をしていく。
もしくは、毎日1文でもブログを書く。
3分でもストレッチをする。

そういうクセをつけていくと、振り返ってみると大きな「もの」が蓄えられてういることになりますよね。

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」
というのは、イチロー選手の言葉です。

イチロー選手も、ドラフトの段階では4位だったとのことです。
でも毎日の意識的な積み重ねが、同じような能力を持った選手から一人抜きん出て、大きな結果を出しています。

また、藤井さんの問いかけとして、「本を出すとしたらどういう内容のものにしますか・・・?」という問ものがありました。まずは骨子のために目次を考えてください、仰っていました。
藤井さんは“オヤジの取説”“人はなぜ怒るのか”という本を出されている方です。
これらの本を出版できたのも、日々の気づきをメモし、題材を整えていたからチャンスの到来を逃すことがなかったのでしょう。
自分自身が本を出版できるか否かは置いておいて、本の題材、そしてその目次を考えるということは、自分の興味や関心を深く掘り下げるという点において、最も有効な手段の1つなのではないかな、と思いました。
いずれにしても、自分の夢をかなえるため、目標を達成するために大切なのは、準備と日々の小さな積み重ね。それを再認識させられた講座でした。

2010.09.18 Sat 14:03
不安や心配事に悩まされて、気力・時間・お金を消耗していませんか?
今日はその解消法について。

まず
1.「不安なこと、心配なこと」を書き出す。
2.「それらを解消しようとしてもどうにもならないこと」を書き出す。
3.「それらを解消するためにできること」を書き出す。
4.「感じること、思うこと」を書き出す。


たったそれだけです。


そうすると、

どうにもならない不安や心配で、頭の中がいっぱいになることから解放され、
「自分がその不安や心配を解消するためにできること」に、意識を向けられます。


不安や心配というのは、

「コントロールできない領域」と、
「コントロールできる領域」が存在します。


「コントロールできない領域」に意識をフォーカスしていると、
不要なパワーの消耗が著しく、疲れてしまいます。

逆に「コントロールできる領域」を明確にし、
そこに意識をフォーカスさせ、集中することによって、
非常に効果的で有意義な時間を使うことができます。

常にそういう思考習慣が身についてくると、人生が「コントロールできない領域」の出来事に
振り回されなくなっていくのです。

大切なのは、 「できないことを憂うよりも、出来ることに集中すること」なのですね・・


2010.09.17 Fri 10:25
肉体的な弱点でも、内面的なものでも、
それを他人に気づかれまいと
苦心するところから人間は醜くなるのです。


五木寛之さん(作家)のお言葉。


自分の弱みは何ですか?
まずはそれを認めて、素直に受け容れることから始めてみましょう。
そうすれば、別の視点が開けて、弱みが強みに変わっていくかもしれません・・

2010.09.16 Thu 14:09
能力を最大限発揮するには3ステップあります

1.器の構築 - 能力を貯められるだけの器を用意する能力

2.能力の蓄積 - 実力を蓄え、貯める

3.能力の発揮 - 保有能力を然るべきタイミングで100%発揮する


1.まず能力を蓄えるために、常に器をきれいに(デトックスして)おくこと
2.そして、日々の過ごし方で少しずつ貯めること、
3.最後に、貯めてある能力を最大限発揮するためにメンタル・フィジカル共にを常に最高の状態にしておくことです。

スポーツ選手だとそれが分かり易く、シーズン時に能力を発揮できるように、オフシーズンに能力を貯る器を作り、能力を貯める、そして試合でそれを最大限発揮できるのが最高のアスリートだと言われますよね。

スポーツ選手でなくても同じです。

例えば会社でプレゼンがある。
転職の面接がある。
お目当ての合コンがある。

そいういうときこそ、最高の自分を発揮したいものですね





2010.09.16 Thu 09:35
チャイルドスポンサープログラムに参加しました。

どんな子からお手紙が来るのだろう?
今からとても楽しみです


実際JICAやその他の組織でに働いている人に聞いてみると、
「援助」もその国の一番困っている人にはなかなか手が行き届かないのが現状だ、
ということを聞きます。

全世界を平和に、というのは、なかなか難しいものです

それでもやっぱり、微力ながらほんの一助になって、笑顔が一つでも二つでも増えれば
嬉しいですね

参加したプログラム↓
https://www.plan-japan.org/paonline/

2010.09.15 Wed 09:23
「お前はビジネスの成功者にはなったが、人生の成功者になれるかは稼いだお金の使い道にかかっている」
ビルゲイツのお父様の言葉。

日本は”必要以上にお金を稼ぐのはいいことではない”という風潮があります。
それは、稼いだお金を(場合によっては弱者から取り上げたお金を)自分が好きに使って何が悪い!
という人が多くいるからだと思われます。

でも米国ではお金を稼ぐのはいいこと、でも儲けたお金の何パーセントを教会など寄付する、というような社会貢献に関する道徳観念があります。

私は大金持ちではない。
でも衣食住に困ることなく、毎日を生活できる。
そう、今の私にできることから始めればいい。
そう気づかせてくれる素敵な言葉でした。

色々と調べてみると私にもできることが色々あるのだな、と発見。
例えば里親プログラム。
1日130円で学校に行かせてあげられるのですよ!
例えばクリック募金
1クリック1円の寄付。毎日10クリックしても1年3650円!

そうと決まれば即行動。
正しい団体を選択してから、自分にあったサポートをしていきます。

コーチングで言うところの、お金の循環。幸せの循環。
お金も幸せも一人占めにしていては入ってこない。
正しく使ってこそ、巡ってくるのです。

少しのマインドから、幸せが循環していくといいな、と思います




2010.09.14 Tue 14:29
最初は真似て学ぶ、それもよし。

子供の成長と同じですね。

でもいつまでも人の真似じゃつまらない

オリジナリティを出して初めて、ホンモノになる...


2010.09.13 Mon 13:35
他人の意見によって、ついたりなくなったりするものは、「自信」ではなく「他信」

本当の自信は、自分の中にあるものなのでしょうね・・・

2010.09.12 Sun 15:26
先日カウンセラー開業塾の1回目に行ってまいりました。

第一期生としての初回セミナーということで、どんなものになるのだろう・・・・と少し緊張してのぞみました。記念すべき講師は岡島さえこさんという不倫問題を専門にされているカウンセラーの方です。
岡島さんはRSP (Recovering Support Partner)を立ち上がられ、わずか数年でご成功されたご経歴を持っており、その秘訣を伺えるのだ!とある意味とても楽しみでした。

内容は・・・思っていた以上のもので、新しい気づきがいっぱいのとても濃い内容のものでした!
自分のオリジナリティは何なのか?自分の信念は何なのか?その問いかけは、再度自分自身を振り返り、今後カウンセラーとして1人でも多くの人に“より良く”なっていただくために、どういう分野をブラッシュアップしていったらいいのか?を考える上で非常に大きなキーワードとなりました。

今の世の中は、物で満たされ、日本で健康に生きていれば少なくとも餓死をする心配をしなくてよく、そして選択肢が山ほどあります。
結婚・・したいけど、今の生活レベルをさげるような結婚はしたくない。
恋愛・・結婚して家族は大切だけれど、ちょっとした恋愛気分を楽しむのもいいかな。
子供・・・いたら楽しいかもしれないけど、DINKS生活も捨てがたい。
会社・・・満足はしていないけれど、転職してリスクを背負うのは避けたい。
そんな中では、選択肢が多くて”迷うことの苦悩“というものもあるかと思います。
昔はある程度の年齢になれば、結婚するのが「当たり前」。そして男性は家族を養うために働く。女性は働く男性を支えるために、家事に勤しみ、子供ができれば子供を育てるために家を守る。そうすると多少の不満があっても、「自分はこれをやらなければならない」という中で、与えられた環境での最善を尽くす。
でも今は、自由選択の時代です。一見幸せそうですが、自分が選んだことが壁に当たると、「こっちじゃな方がよかったかも」という思考になる。例えば、自分はキャリアアップをするため、子供はいらないと思っていた。でも、会社があるとき突然なくなった。自分の時間はなんだったの?それなら子供を作って専業主婦をしていたほうがよかったんじゃない?という具合に・・・。

そういう時代だからこそ、自分の本当にしたいことを探して、それによって心を満たす、ということが何より大切なのだな、と実感しています。
幸せの形はそれぞれです。
1人でも多くの人の心を満たすことができるようなサポートをしていきたいです

2010.09.11 Sat 22:00
聖人君子でもなければ誰でもイライラしたり落ち込んだりするのが普通。でもそんなマイナス感情に振り回されるのはもったいない!
ということで”WHY(なぜ)"手法でマイナス感情を撃退しましょう強調文


<CASE1>
会社の後輩の仕事が遅くてイライラする
1)WHY(なぜ)後輩の仕事が遅いとイライラするのか→自分が帰りにくいから
2)WHY(なぜ)自分が帰りにくいとイライラするのか→家に着くのが遅いと可愛い盛りのこどもとの時間が
少なくなるから。また後輩1人を残して帰ると上司の目線が気になるから
3)WHY(なぜ)上司の視線を気にしてイライラするのか→もうすぐ査定があって、それによって今後の昇進が決まるから!

☆彼のイライラの原因は1)子供との時間が少なくなる&2)昇進が危うくなる可能性があるでした。
それが分かった本人は、後輩とのゆっくり話す時間を設け、なぜ仕事が遅いのかを話し合い、必要なサポートを割り出すことができ、後輩は早く退社することができました。
また、子供との時間が作れないとイライラする、とわかったので会えるときには120%で接する、週末1時間早く起きる、ことを自分でも心がけました。

<CASE2>
子供が朝の忙しいときに何でも「自分でやる!」と聞かずにイライラする。
とりわけ、牛乳をパックから自分でつぎたい!とひかない。ママと一緒につごうね、と言っても一人で!!とひかない。
1)WHY(なぜ)忙しいときに自分でやる!というとイライラするのか?→牛乳を自分でつぐとこぼれるから
2)WHY(なぜ)こぼれるとイライラするのか?→朝はただでさえ忙しく時間がないのに後始末をしなくちゃいけないから。また家が汚くなるから。
☆イライラの原因は1)朝時間がない&2)家が汚れる
でした。
では、どうしたかというと、朝15分早く起き、あちこちにビニールシートをひきました。毎朝の「自分で牛乳つぐ!」の言葉に、余裕をもって、はいどうぞ。
そして案の定・・・テーブルも床も牛乳だらけ。本人も”やっちゃった”と思ったらしく、素直にごめんなさい。そして一緒に床を拭きふき。
それ以降はママと牛乳一緒につぐ!と毎朝言うようになりました。(本人体験です)

落ち込んだときも一緒。
感情をひとまず落ち着かせるために、なんで私はイライラ(落ち込んで)いるんだろう?
と一歩止まってその原因を考えると、意外とコントロールできることもあるものです。


なかなかうまくはいきませんが、そのマインドセットによって徐々に好転すると思いませんか・・?

2010.09.10 Fri 14:45
選ばなかった過去の「いま」はない

過去の自分は、そのときの最善の行動・選択をしたはずです

なので、過去を振り返って、あの時こうしていれば・・・などと後悔をせず、今これから何をするのが最良なのかを考えてみませんか・・・

2010.09.10 Fri 09:38
よく眠れないと、頭も働かないし、だるいし、気力もない・・・などマイナス傾向まっしぐらですよね。

今日は睡眠における「日にあたる」ことの重要性について

メラトニン(睡眠を誘発するホルモン)は太陽の光を浴びてから約15時間後にでる と言われています。
なので、23時に寝たいと思ったら8時に太陽にあたればいいのです。
当る時間は20分前後が理想ですが、最低5分。窓越しでもいいので肌(血管)に太陽を当てることがポイントです。

それにしても、紫外線気になりますよね。でも!絶対日焼けしない場所が体にはあるのです
それは、手のひらと足の裏

そこを5分超、徹底的に太陽にあてれば眠りの質も良くなり、メンタル・フィジカルともに健康になります!

2010.09.09 Thu 12:34
みんな誰かの大事な人

そう思うと、いや~な上司も、面倒な後輩も、電車の隣に座った汗臭いおじさまも、違った目線でみることができませんか・・・?

2010.09.08 Wed 15:10
高ければ高い山ほど、登りきった後気持ちがいい


何で大変なことばっかり起こるんだろう・・
高すぎる壁が目の前に立ちはだかっている・・・


でも、それを乗り越えればこの世のものとは思えないほど綺麗な景色が待っている・・・!きっと  

2010.09.08 Wed 10:02
今まで身近な人々に行っていたカウンセリング&コーチングですが、開業に向けて動き出すことになりました。

その一歩として、今日から「カウンセラー開業塾」の第一期生としてコースを受けてまいります。
こちらの塾は、カウンセリングのノウハウを習うのではなく、カウンセラーとして活躍されている先輩方から、起業で成功するノウハウを純粋に伝授いただく、という新しいコンセプトです。
リンク→カウンセラー開業塾

こちらの塾を立ち上げたのが、株式会社日本エンブレース代表取締役社長 伊東学さんです。
実際お会いしてみるととても温かい、冷静かつおっとりとした素敵な方でした。
もともとは医療と患者の橋渡しをするサイト等を運営されていたようです。
また事務局の方もとてもいい方で、第一期生ということで受講生の意見を柔軟に取り入れてくださり、一緒に参画させていただけてる感があってやりがいまで見出せそうです

コースは全部で6回(2ヶ月)ですが、こちらを受講することによって、自分の「やりたい」を客観視し、形にして、1人でも多くの方に満足な内容をご提供できるようになりたいです。

私のテーマは、カウンセリングとコーチングを融合させたメンタルデトックス(ストレスマネジメント)。
メンタルが元気だと、常にチャンスに飛びつけるし、チャレンジし続けることができ、自分の成功や理想にどんどん近づける。
でもそのためにはまず「メンタルマネジメント=恒常的かつ上手なデトックスが必要」だと考えます。


自分が充実していると周囲にも余裕を持って接することがきますよね。
なので、まずは「自分の幸せ」
そしてその幸せを周囲の方々にも波及させ、間接的に、1人でも多くの孤独死や虐待などが減る、そんな世の中に貢献していかれればいいな、と考えています

コース終了後は、このテーマをどのようにもっと分かりやすく、伝えやすくブラッシュアップできているのか、自分の成長を見てみようと思います。

第一回の講師の方はRSP代表の岡島さえ子さん。
ご専門は、不倫問題からの回復を支援されるカウンセリングということです。
どのようなビジネスモデルを持たれているのか、どんなお話を伺うことができるのか、今からとても楽しみです

2010.09.07 Tue 23:51
ストレスを感じたら解消をすることが大切ですが、溜まるストレスをできるだけ軽減させることができればいいですよね!

そういう予防医学的なストレスマネジメントの1つの方法として

好きなこと→やなこと→好きなこと で挟む

例えば明日苦手な人に会う/凹みそうなことが待っている・・・そしてそれは避けられない。そういう予想できる事柄に関しては

大好物のランチを食べる→やなことに挑む→好きなお酒・スイーツなどと共に用意しておいて、大好きな・笑えるDVDを用意しておく。などなど。

大好物を食べてエネルギーを蓄え、やなことが終われば至福の時間が待っている!と思えたら、そのや~な時間のストレスも軽減できそうじゃないですか?

そのためには、自分がどういう状況で落ち込んだりストレスを感じたりしやすいかをまず認識することが大前提ですね。

あとは、お気に入りの回復グッズをラインナップしておく

大好きな人と会う・電話をする、等はもちろん至福の時ですが、相手の都合が合わないとさらに凹んだりするので、できれば1人で至福を感じるものを普段から考えて、たくさん備えてておくといいでしょう

ストレスは、溜めないが一番


2010.09.07 Tue 13:35
笑っていても泣いていても、平等に時間は過ぎていきます。


今日は、どれくらい笑顔でいられたでしょうか


Copyright © Mental Detox All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。